• ホーム
  • 業務内容
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お問い合わせ

新水道ビジョン

50年先、100年先を見据えた水道施策に取り組んでいます

取り組みの目指すべき方向性 厚生労働省は、平成16年に「~世界のトップランナーを目指してチャレンジし続ける水道~」をテーマに掲げ、「水道ビジョン」を策定しました。水道の現状と将来見通しを分析・評価し、水道のあるべき将来像についてすべての水道関係者が共通目標を持つように働き掛けるものです。

その実現のための具体的な施策や工程を提示するために、その施策目標は[安心][安定][持続][環境][国際]の5つに分類され、全国の水道事業体もこれらの施策目標に沿って主要施策を掲げた「地域水道 ビジョン」を策定し、各種施策を推進してきました。

平成20年度には策定後5年の経過によるレビューを実施し、「水道ビジョン」を改定。そして、平成25年3月には人口の減少、料金収入の減少、施設更新需要の増大および東日本大震災の被災経験を踏まえ、水道を取り巻く時代の転換期において「地域とともに、信頼を未来につなぐ日本の水道」を基本理念とする再改訂を実施。世界のトップランナーとしてのバトンを未来へつなぎ、水道技術を次世代に継承する段階に至ったと判断し、「新水道ビジョン」を公表しました。

「新水道ビジョン」では、理想の水道像を[安全][強靭][持続]の3つの視点から捉え、関係者間で共有することになっています。

今、水道に関連する組織、関係者は「新水道ビジョン」の方向性を共有し、50年、100年先を見据えた施策に取り組もうとしているところです。

水道の理想像