• ホーム
  • 業務内容
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お問い合わせ

経営分析

水道事業の健全な運営に、多面的なコンサルティング力で貢献

水道事業は、安全な水を需要者に提供する対価として得た水道料金収入を資金に運営している1つの企業体です。

料金収入は、水道事業の日ごろの運営に必要な経費、あるいは将来の施設投資の原資となるため、料金収入の変動は経営状況に直結しています。現状の給水サービスを維持できるか否かは、健全な経営を持続することにほかなりません。

また、地方公営企業法が改正され、平成26年度の予算・決算から適用となります。今回の改正は、地方公営企業会計を民間企業会計に近づけ、地方分権にふさわしく経営の自由度を上げることを目的としたもので、昭和41年以来の抜本的な改正となり会計処理の広範囲に影響が及びます。

健全な経営基盤により安定した給水サービスを提供することが可能となることから、当社では、新会計制度への移行に伴う支援とともに、経費の見直し、組織の再編、施設・資産の運用など必要な経営分析を行い、水道料金の改定等も視野に入れ経営の改善を図るための方策を提案いたします。

地方公営企業法の改正のポイント