• ホーム
  • 業務内容
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お問い合わせ

社員紹介

人口、産業、さまざまな因子から最適な水道システムを設計する。

資格:技術士補
入社年:2010年
専攻:物質工学
入社動機:「ものづくりができる仕事」が就活のテーマ。当社の仕事のスケール感に惹かれた。

担当業務について

入社してすぐに設計部に配属されて以来、設計一筋です。入社してしばらくは先輩技術者の補助として図面を描いたり、報告書や協議資料をまとめたりとサポート業務を通じて、仕事を覚えていく期間がありました。学生時代、「脳内物質のメカニズム」を研究していた私にとって製図は初めての経験でしたが、お客様訪問も含む実践的なOJTのおかげで、割と早い時期に仕事の流れをつかめたように思います。ある程度経験を積むと、今度は先輩がサポートについてくれて、自分のプロジェクトを任されます。私の初プロジェクトは配管の設計業務だったのですが、実はそれまでOJTで覚えてきた業務とはかなり異なるものでした。苦労もしましたが、先輩のありがたさや社内の雰囲気の温かさに遅ればせながら気付かされた経験でしたね。

現在は、配管設計や関連する施設の設計を主に担当しています。たとえば配水池といって、水道水を町や地区ごとに分配して貯えておく施設があります。この配水池は、設置当時は各地区の人口や産業、経済動向といった水需要に関わるさまざまなファクターを勘案して配水池容量を決めているわけですが、長い年月がたてば施設の更新も必要となりますし、先に挙げたファクターにも変化が起きているかもしれません。また、近年では水道システム全体の耐震化も重要視されています。そういったさまざまな因子を調査や分析によってまとめ、新しい設計に生かしていくのが主な業務です。

仕事のやりがい

学生のころは、設計という仕事は図面やパソコンにずっと向かっているものだと思っていました。しかし実際は現場に足を運んだりお客様やメーカーの方と協議をしたり、多彩なシーンのある職場です。たった一本の配管をとってもお客様によってベストは異なっていて、コスト重視なのか強度重視なのか、地盤や規模によってもプランは変わってきます。この仕事では、「お客様が本当に求めているのは何か」を取り違えないことが重要で気を使う部分でもあるのですが、それがバッチリ決まるとお客様から直接満足の声を聞くことができたり、ちゃんと評価となって返ってきます。そういう明確な喜びが得られる、モチベーションが高まる職場だと感じています。

将来の目標

大場上下水道設計という会社は、社員同士の精神的な距離が近く、アットホームな雰囲気が特徴です。ピラミッド型の組織であっても、感覚的には円卓に近く、先輩たちにはずいぶん助けられてきました。今、自分自身の業務効率を高めるために、これまでの仕事をまとめたスクラップブックを作っているのですが、個人的な備忘録ではなく社内で共有できる資料にできないかと考えているところです。そうやって技術を後輩に伝えていくことで、先輩への恩返しができたらいいですね。

メッセージ
当社はさまざまな知識が必要とされ、日々、技術者としての成長が求められる会社です。でも、だからこそ多くのことに挑戦できる会社だともいえます。技術者にとって、知識と経験は何よりの宝です。仕事を通じて自分が成長していくことが実感できる、そんな仕事にあなたもぜひ挑戦していただきたいと思います。