• ホーム
  • 業務内容
  • 会社案内
  • 採用情報
  • お問い合わせ

社員紹介

水道事業全般に通じる知識と経験で、安全な水の供給を見守り続ける。

資格:RCCM、技術士補、測量士
入社年:2008年
専攻:土木工学
入社動機:大学卒業後、都内の同業他社に勤務。 地元の街づくりに貢献したいと思い転職を決意。

担当業務について

水道事業のコンサルタントとして、また水道施設の設計技師として、水道事業全般をサポートしています。ひとつの案件は、お客様から都市開発や施設の更新などのニーズをキャッチすることから始まります。業務を受注できた場合には、業務が発注された背景や目的を明確にし、お客様の要望を十分にヒアリングしたうえで、それらに対して具体的な計画の策定や提案を行い、施設の設計を進めていきます。基本的にはひとつの案件にはチーフとして全ての業務に関わっていくので、現地調査や測量もありますし、設計図や設計資料の山に埋もれることも。他にも、工事監理を請け負い、自らが設計した施設が適切な過程を経て建設されているか、完成まで見届けることもあります。

また、コンサルタントに寄せられるご要望は、水道施設に関するものだけではありません。水道事業は一見税金で運用されているように思われるかもしれませんが、基本的には「水道料金」が原資です。自治体によって水道料金に差があるのはそのためで、たとえば、水源から遠ければそれだけ工事費や管理費がかさみ、水道料金に反映されてきます。原資を持つ事業である以上、収支バランスや将来の人口推移は、安全で安定した水道の存続に関わる重要なファクターになります。そういった経営コンサルティング的な知見も、私たちには期待されています。

仕事のやりがい

このように、一般で言うところの営業の仕事と、純粋な技術者の仕事を兼ね備えるのが、当社の「技術職」という職種です。業務が多岐にわたっていて難しい仕事に映るかもしれませんが、お客様から伺った課題に技術的なアイデアで即答できることは信頼につながりますし、共にプロジェクトを進めているという仲間意識を持っていただけることも大切な要素です。お客様から疑問や悩みなどの連絡をいただくようになると、信頼されている喜びを実感できますね。

これまでに浄水場や配水池の新設設計や耐震補強設計、幹線管路(都市や地域間を結ぶ太い水道管)の更新といった業務を担当してきました。納期近くには成果品の取りまとめに追われて忙しい思いをすることも多いのですが、自分の設計が水道施設(生きたライフライン)として稼働し、市町村といった単位の方々の役に立っているのを見るのは、何ものにも代えがたい感動や充実感があります。「これはお父さんが作ったんだぞ」と、子どもに誇れる仕事を、これからも続けていきたいですね。

将来の目標

「水のコンサルタント」は、お客様と話し合い、何がベストなのかを決めていく仕事。“ベスト”を導くためには、技術力や知識を土台に、お客様から寄せられるさまざまな課題に対して、誠意を持って真摯に対応していくことが大切です。相談内容は、水道施設など技術的なことばかりではなく、法律に関すること、事業経営に関することなど多岐にわたります。どんな質問も持ち帰ることなくその場で対応できる、幅と厚みのある技術者になりたい。それが今の目標です。

メッセージ
空気と水は、人間が生きていく上で真っ先に必要となるものです。今後、世界では良質な水を巡って戦争が勃発するのではと危惧する声もあるほどです。「水ビジネス」という言葉を聞いたことはないでしょうか。これは、日本の優れた飲料水供給システムや浄水技術を国際的な商取引に繋げようという試みで、国や東京都が中心になって、世界中に向けて積極的に取り組んでいます。それほど重要な資源である水に携わるこの仕事は、さまざまな局面で環境保護や地域貢献を身近に感じることができます。この機会に当社に興味を持っていただき、もっとこの仕事について知っていただければうれしいです。